ラバとカルドを10項目で比較!ホットヨガはどっちがおすすめ?

ラバとカルドを10項目で比較!ホットヨガはどっちがおすすめ?

 

ホットヨガというのは女性を中心に人気があり、ホットヨガに目を向けている女性は大変多くいます。そのため、どのヨガスタジオに通おうか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ホットヨガで人気のラバとカルドの知ってほしいポイントをピックアップして、わかりやすく比較してみました。

 

すぐにラバとカルドのメリット・デメリットを見る方はこちら!

 

ラバとカルドを10項目で比較してみた!

 

 

人気のホットヨガスタジオのラバとカルドを、

 

 

以上の10項目で比較してみました。
※クリックするとピンポイントで読めます。

 

体験、キャンペーンがお得なのは?

 

まず最初に気になる部分といえば、体験レッスンやキャンペーンのお得さではないでしょうか。

 

ラバは1000円、カルドは980円

 

ラバでは体験レッスン料を1,000円(税込)としており、カルドは体験レッスン料を980円としています。体験レッスン料は20円しか違いがないので、然程の違いはないといえます。

 

また、ラバは体験当日入会で入会金と登録金が無料となります。さらに、各コースをお得にご利用できるキャンペーンも行っており、フリーフルコース月額16,300円、ライトフルコース月額13,300円、フルタイムコース月額8,300円のどのコースでも、2か月間月額8,300円でご利用することができます。

 

カルドでは、新規入会キャンペーンとして、入会金0円、事務手数料0円、月会費を0円〜3,980円で2か月受けることができるキャンペーンを行っています。

 

まとめると

これらを総評すると、カルドの方がお得にご利用ができるということになります。

 

店舗数が多く、近場にあるのは?

 

ラバの店舗数は、全国350店舗以上です。
カルドの店舗数は、全国58店舗です。

 

どちらも駅近に店舗があったり大型店舗の中にあるので、快適にご利用ができます。どちらの快適に通うことができるので、お住まいの近くにある方を選ぶと良いですよ。

 

まとめると

店舗数の数から考えると、ラバの方がどなたでも近場でご利用ができるといえるでしょう。

 

月にかかる費用は?

 

 

ホットスタジオは少なくても数か月通うので、月額料金は非常に重要なポイントとなります。

 

ラバもカルドも店舗やプランにより費用に違いがあるので、フリータイムの通い放題でラバとカルドどちらにも店舗がある渋谷店で比較してみます。

 

  • ラバ渋谷店;月額料金15,300円(税抜)
  • カルド渋谷店:月額料金9,236円(税抜)

 

このように比較してみると、カルドの方がはるかにお安いのがわかります。月額料金で5,000円以上もお安いので、この差は大きいですよね。

 

ただし、ラバは2店舗通い放題に出来るので、月額料金5,000円の差には便利さもプラスされています。ラバの場合は渋谷店と新宿店など、2店舗両方を使い放題でご利用できます。これは、大きな嬉しいポイントといえます。

 

まとめると

単に安さをとるならカルドがおすすめです。ただし、複数店舗回数気にせず行くならラバですね。

 

レッスンに必要な道具は?

 

ヨガレッスンに必要なのはヨガマットですが、ラバは無料でレンタルすることができます。

 

カルドヨガマットを使わず、滑り止めが物凄く効いている床に直接バスタオルを敷くスタイルです。ヨガマットを使いませんが、バスタオルだけなので滑りやすく不便という声も挙がっています。

 

そのほか、動きやすい服装や水、フェイスタオルやバスタオルが必要となります。

 

1レッスンの最大収容人数は?

 

ラバは狭いスタジオで、ちょっと窮屈という声も挙がっています。30〜60人の収容人数となっており、収容人数の割には狭いスタジオのようです。

 

カルドは大人数が収容できる大きなスタジオであり、収容人数50名です。収容人数50〜100名でも快適にヨガができる広さであり、手や足を伸ばしても楽に使うことができます。

 

まとめると

最大収容人数はラバの方が多いですが、スタジオの大きさと対比して考えるとカルドの方が快適に使えるスタジオといえます。

 

シャワーある?アメニティの充実度は?

 

 

ラバのシャワールームは、どの店舗も10程度のシャワーブースがあるようです。シャンプーやボディソープは、混雑緩和のために店舗には用意されていません。

 

しかし、持参することで使うことは可能です。スタジオにはメイク落としや化粧水が用意されていますので、シャワー後にご利用ができますよ。

 

カルドのシャワールームは、どの店舗も17前後のシャワーブースがあるようです。また、格安料金となっているので、シャンプーやボディソープの備え付けはありません。使うことは可能ですので、持参して使うことができます。

 

また、券売機でシャンプーなどのアメニティの販売があります。パウダールムでは、ドライヤーやティッシュ、綿棒があるのでご利用できますよ。

 

まとめると

比較してみると、シャワーブースの数はカルドの方が多いです。しかし、スキンケアなどのアメニティの豊富さは、ラバの方が多くあります。

 

男性は通える?

 

ラバの男性のご利用は、一部店舗のみご利用可能です。カルドの男性のご利用は、約半数でご利用が可能です。

 

お近くの店舗の男性の扱いにもよりますが、男性のご利用に力を入れているのはカルドといえます。

 

勧誘やグッズ販売の営業はあるの?

 

口コミをチェックしてみると、ラバの勧誘は店舗によってあるようです。店舗によってはしつこい勧誘があったという声もあります。また、商品の販売もしつこいことがあるという声も挙がっています。

 

カルドは、勧誘はほとんどないようです。グッツ販売などの営業も、ほぼないようです。勧誘やグッツの販売の営業がなく安心なのは、カルドといえます。

 

インストラクターのスキルは?

 

ラバのインストラクターは、研修やスキルアップ支援などを行っていますので、質の高いインストラクターばかりが集まっています。

 

また、インストラクターの質の高さは多くの口コミがあり、丁寧に指導してくれるという嬉しい声も多く挙がっています。

 

また、カルドのインストラクターは、質に差があり過ぎるという口コミが多く挙がっています。研修制度もある研修を受けているはずなのですが、現状はインストラクターの質は一定して良いわけではないようです。

 

インストラクターの対応もあっさりな感じで、手取り足取り教えてくれなかったという声も挙がっています。

 

まとめると

インストラクターの質の高さは、断然ラバの方が上といえます。

 

予約のしやすさは?

 

ラバは予約が取りにくく、キャンセル待ちが多いという声が多く挙がっています。自分の思い通りの日程には、通いにくいという声も挙がっています。

 

また、カルドは予約不要の整理券システムでの予約となります。整理券が無くなって受講できないということは基本的にないようなので、整理券さえゲットできれば受講することができます。

 

まとめると

予約のしやすさは、カルドの方が断然取りやすいようです。ラバも、人気のない日にちや時間とすることで、スムーズに予約を取ることもできます。

 

比較してわかった!ラバとカルドのメリット・デメリット

 

 

ラバのデメリット

ラバのデメリットは、以下が挙げられます。

 

  • 体験やキャンペーンはお得ではない
  • 男性がご利用できる店舗が少ない
  • 勧誘やグッツの販売がしつこい店舗がある
  • 月額料金が高め
  • ヨガマットが必要

 

ラバのメリット

 

  • 2店舗通い放題でご利用できる
  • 店舗数が多い
  • ヨガマットを使うので滑りにくい
  • 最大収容人数が多い
  • アメニティが多い
  • インストラクターの質が高い
  • インストラクターの指導が丁寧

 

カルドのデメリット

 

  • ヨガマットを使わないので滑りやすい
  • 店舗数が少ない
  • インストラクターの質がマチマチで質の低いインストラクターもいる
  • インストラクターの指導があっさりなこともある
  • 関東以外は店舗の数が少ない

 

カルドのメリット

 

  • 体験やキャンペーンがお得
  • 月額料金がお得
  • スタジオが広く快適にご利用できる
  • シャワーブースが多い
  • 男性が利用できる店舗が多い
  • 勧誘やグッツ販売の営業はほとんどない
  • ジムやフィットネスが使い放題
  • ヨガマットを利用しない
  • 予約制ではなく整理券での予約システム

 

ラバはどんな人におすすめ?

 

初心者でしっかりインストラクターに教えてもらいたい人は、ラバがオススメです。ヨガは基本的なことをしっかり学ぶことが大事なので、はじめての人はラバが最適です。

 

▼ラバの詳細はこちら▼

 

カルドはどんな人におすすめ?

 

料金の安さを追求するなら、カルドがオススメです。既にヨガレッスンの経験があって基礎が付いている場合は、料金が安くてあっさりとした指導のカルドでも問題ないといえます。

 

▼カルドの詳細はこちら▼

 

●参考リンク●